遺産相続・遺言書作成など相続に関するコラムは女性弁護士小堀法律事務所へ

Home » 相続コラム » 遺言

相続コラム

遺言

母は私に 預金の全てを相続させる という 遺言 を書いてくれました。それなのに、兄が 預金 を 使い込 んで、母が死亡すると 残高 はほとんどありません。

[遺言相続]

 母が預金をあなたに、という遺言を書いてくれたのに、残高が全くないというのでは納得しがたいですね。
 
 このとき、兄が母の意思に反して預金を使い込んだ場合、母は兄に対して使い込み額の不当利得返還請求権を持ち、母死亡によりあなたは法定相続分でその権利を承継します。

 では、母はそもそも預金の全てをあなたに、という遺言を書いていたので、この不当利得返還請求権も、法定相続分でではなく、全額をあなたが行使できるでしょうか。

 これは、遺言の解釈の問題です。母は、母死亡時に残った預金をあなたに相続させる意思で遺言を書き、これには、預金が勝手に使われてその返還を求める権利をもあなたに相続させると考えたか。
 たとえば、母があなたに預金を相続させるとしたのは、兄が使い込んでいることが分かったので、それを阻止したく遺言したなどの事情を証明できれば、あなたが法定相続分を超えて不当利得返還請求権を行使したとも認定できるでしょう。

 ただ、その証明は一般に難しく、母が想定外の不当利得返還請求権までもあなたに相続させると考えたことは認定されがたい事項であると思います。

2015.04.07|タグ:遺言使い込み返還請求預金

PAGE TOP

遺言 があるとき、 遺留分 権者と合意が出来たら作る書面

[遺言相続]

 法定相続人が子どもABCで、遺言でABが遺産を相続することになっているとき。Cも計算上の遺留分の額をお金でもらえればOKというようなときには、遺産分割協議書を作っておきましょう。

 ABが遺産を得るのは、遺言によるので、何も遺産分割協議書は不要かとも思えますが、Cへの遺留分の額のお金の交付が何か分からないで、あとで、税務署などから目を付けられないようにするためです。

 そこでは、ABがもらう遺産を特定して、ABが遺産分割で取得するとしていれば、登記もできるし、Cへの遺留分として○○円支払うとしていれば、贈与とならないで税金もかかりません。

 遺留分減殺請求が事件になり、調停や訴訟になっているときには、調停調書や和解調書で解決されます。

2015.02.20|タグ:遺言遺産分割協議書遺留分書面

PAGE TOP

父は私に 全遺産を遺す という 遺言 を書いてくれました。きょうだいは 遺留分 を求めてくると思いますが、初動として私は何をするべきですか。

[遺言相続]

 きょうだいは遺留分減殺を申し出てきますので、まずは、遺言に基づき、不動産なら速やかに登記をし、預貯金なら金融機関に払戻を請求します。

 その間にきょうだいから遺留分減殺の意思表示が来ると、金融機関がそれを察知すると、払戻に応じてくれないこともあります。そうすると、事実上預貯金は凍結されるので、相続税の支払いなどに窮することになります。

 遺言が遺されたら、速やかにその執行に着手する必要があります。

2015.01.29|タグ:遺言遺留分

PAGE TOP

この 遺産 をもらう意味を考える?どうしてお母さんは、私だけ少なく 遺産 を遺すの?

[遺言相続]

母が遺言を書いているとき。遺産分割は行われず、遺言の執行を待つのみです。もちろん、遺言の内容に不満な法定相続人は、遺留分の請求ができます。

どうして、お母さんは、姉に多く遺産を遺し、私にはこれしかくれないの?

そう相談に見える方もいらっしゃいます。確かに、きょうだい間で不公平であり、不満の残る采配ともいえます。

でも、ある遺産は遺されたんでしょう?相続を権利ととらえるより、感謝の気持ちの親の財産を受け継ぐと、考えてみてはどうでしょうか。

どうして母は、この遺産をあなたに遺したのか。この遺産は母にとってどんな意味を持っていたか。

目先を変えることで、本当の満足が得られるかもしれません。

2014.10.29|タグ:遺言感謝

PAGE TOP

遺産の一部を 相続させる と 遺言 された 法定相続人 がいます。 他の遺産 を分けるとき、その「相続させる」とされた者はその分を持ち戻さなければならないですか。

[法定相続][遺言相続]

遺産が、不動産甲と預金1000万円であったとき。

預金については、法定相続人Aに「相続させる」と遺言されています。不動産甲については、遺言で言及がなく、遺産分割が必要です。

Aも法定相続人なので、遺産分割協議に参加しますが、その際、預金1000万円を特別受益として持ち戻さないとならないでしょうか。

最高裁は、持ち戻しの対象となるとしています。

もし、法定相続人がABCであり、各1/3の法定相続分を持つときには、不動産甲の評価が2000万円の場合、2000万円+1000万円がみなし相続財産。

すでに1000万円をもらっているAは、不動産甲からは何も受領できないということになります。

2014.09.11|タグ:遺言持ち戻し相続させる特別受益

PAGE TOP

使い込み 参考事例=Fさんの場合(姉が母の 預金 を使い込んだが、 遺言書 が出てきた!)

[遺言相続]

Fさんは2人姉妹。姉が母の預金を生前2000万円使い込んで返そうとしません。Fさんが返還請求訴訟を起こすと、姉は全財産を姉に相続させるという母の遺言を持ちだしてきました。

裁判所は、預金の返還請求権を母が持っていたとしても、それも姉に相続させるという意思だろうと心証を開示し、遺留分相当額の解決金で和解することを勧めました。

確かに、生前に姉が母の意思に反して預金を引き出し、母が姉に対し返還請求権を持っていたとしても、遺言で全遺産を姉にとされていると、返還請求権も姉に相続されてしまい、Fさんは行使できないとも。

遺言の文言が、母が姉に残したのは、全遺産なのか、特定の遺産なのか、きちんと読み込む必要がありますね。

2014.07.09|タグ:遺言使い込み

PAGE TOP

相続開始前に姉が父の預金を使い込んでおり、返還請求しましたが、このたび遺言があることが判明しました。

[遺言相続]

父の生前、その預金を姉が使い込んでいた時、それが父の意思に反するなら、父が姉に対し、返還請求権を持っており、それをあなたが相続したとして、行使が可能です。

しかし、遺言が見つかったということ。

遺言の内容が、「姉にすべての遺産を相続させる。」であったときには、父の返還請求権自体も姉に相続され、あなたは権利行使が不能なことになります。

このとき、あなたの利益は遺留分減殺請求として図られます。

残った遺産が1000万円で、使い込んだ預金が1000万円のとき。

遺産合計2000万円を遺留分減殺する。すると、あなたは500万円を回復できる。

これは、返還請求権自体を減殺請求するという構成でもいいし、特別受益(つまり使い込みを贈与と見る)も遺留分減殺の計算の基礎になるので、加えて、減殺請求するという構成でもいいです。

遺言がなければ、残った遺産の半分と、返還請求の半分を請求できたのに、遺留分となるとさらにその半分になってしまいます。

2014.06.18|タグ:遺言使い込み返還請求預金

PAGE TOP

「相続させる」遺言と特別受益

[遺言相続]

ある特定の遺産について、相続されるとしたとき、特別受益903条(特に2項)の規定の適用があるか。

最高裁は未だ判断していません。
相続させる遺言の法的性質を、遺産分割方法の指定でありながら、所有権は被相続人の死亡時に確定的に移転するとした香川判決(最高裁H3/4/19)は、「遺産分割の協議又は審判においては、当該遺産の承継を参酌して残余の遺産が分割される。」としています。

相続人は子AB。相続財産400万円、うち甲不動産300万円をAに相続させる。

特別受益の規定を適用する立場。
A400万円×1/2?300万円=?100万円。超過特別受益となるが、903条?により、戻す必要がない。

特別受益の規定を適用しない立場。つまり、「相続させる」遺言は遺産分割方法の指定とされたとき。
A甲不動産300万円取得。A法定相続分400万円×1/2=200万円を超えるので、Aは、Bに代償金100万円を支払うことになります。

2011.03.10|タグ:遺言相続させる特別受益

PAGE TOP

遺言がなくて怖かった話し?

[遺言相続]

不貞行為を働いた配偶者は、有責配偶者であり離婚原因を作った者になりますが、離婚するには、協議又は審判が必要です。

妻が、他に男性を作り、不貞行為を繰り返したあげく、夫の財産である預金を勝手に引き出し、使っていた場合など、離婚原因はあるものの、実際は離婚がまとまっておらず、その間に夫が死亡したとき、こんな妻も配偶者として相続権があります。

このような推定相続人に対する制裁として、被相続人の意思により、相続権を失わせる推定相続人の廃除の制度があります。
これをなすには、被相続人は、生前に家庭裁判所に排除の審判を申立てるか、遺言で排除を定め、相続が開始したら、遺言執行者が家庭裁判所に排除を請求するかしないといけません。

上記のような不貞の妻を排除すると遺言で書いておかないと、妻にも相続権があることになります。

遺言で、妻以外の者に、全財産を相続させるとしても、妻には遺留分があるので、これも奪っておくには、推定相続人の廃除の申立をしておかないといけません。

注意を要するのは、不貞の妻にも離婚の際財産分与権がありますので、廃除が認められるには、婚姻中の協力による配偶者の寄与的後見を無視できるほど、廃除請求者が精神的財産的損害を被っている必要があります。

2010.10.04|タグ:遺言推定相続人の廃除

PAGE TOP

遺言がなくて怖かった話し?

[遺言相続]

長年夫婦同然の生活をしていて、ただ入籍していない夫婦のことを、内縁の夫、内縁の妻といいます。

内縁では、法律上の配偶者と言えず、法定相続人にはなりません。

この人に法定相続人がないときには、相続人不存在の手続きで、家裁に相続財産管理人を定めてもらい、特別縁故者として名乗りを上げれば、相続財産の分与も可能です。

しかし、この人に生前行き来のない法定相続人などいれば、その関係の濃淡を問わず、法定相続人に遺産がいってしまいます。

このとき、遺言を書いて、内縁の妻に遺産を遺すと書いておけば、遺産は内縁の妻が相続できます。

この手当をしないで、遠くの兄弟姉妹などいれば、内縁の妻としては何も主張できません。

この点、借家に内縁の夫婦が住んでいて、内縁の夫が借りていたとき、夫に法定相続人がなく死亡したときにも、内縁の妻は借家権を援用できるという規定が借地借家法に新設されましたが、あくまで法定相続人がないときなので、やはり不都合は否めません。判例は、いろいろな構成で内縁の妻を救済しようとしていますが、根本的には立法的な手当が必要です。

2010.09.24|タグ:遺言借家権内縁の妻

PAGE TOP

遺言がなくて怖かった話し?

[遺言相続]

結婚している男女の間の子がいますが、父母は離婚していたとします。父は後妻をもらって、後妻との間に子をもうけました。

父には、後妻と住む自宅があります。子は、父が死亡したら、自宅に住み、後妻である母の面倒をみようと思っていました。

しかし、自分には母違いの子がいる。もちろん、この子も嫡出子ですから、4分の1の相続分のある父の法定相続人です。

父が死亡して相続が開始すると、遺産である自宅に先妻の子も4分の1の権利を持つのです。後妻の子が自宅を相続するには、先妻の子のはんこも必要になってきて、場合によっては、先妻の子の求めに応じて代償金を支払わなくてはいけません。

このとき、父が自宅は後妻の子に残すという遺言を書いてくれていれば、相続開始と同時に、自宅は後妻の子のものになります。

父も新しい家族の手前触れたくない部分かもしれませんが、残された家族のために遺言を書いておかないと後で紛争のもとになることもあるのです。

2010.09.15|タグ:遺言後妻

PAGE TOP

遺言がなくて怖かった話し?

[遺言相続]

日本人は、まだまだ遺言を書くことに抵抗があるようです。しかし、遺言がなくて、残された相続人が怖い思いをすること、もとより、故人の思いが遺産分割に反映されないで、あの世で後悔することもあります。何回かに分けてケーススタディをお話しします。

お父さんが、長男と二世帯住宅を建て、ともに連帯債務者として住宅ローンを組み、自宅土地建物は共有にしていたとき。他の法定相続人は、お母さんと他家へ嫁いだ長女であったとき、どういう問題が生ずるでしょう。

お父さんの意思としては、長男に自宅を全て与え、住宅ローンも長男に負ってもらって、お母さんの老後の面倒も見てもらいたいところです。

お父さんがその意思を実現したかったら、遺言を遺しておくべきです。もし、遺言を遺していなかったら、長女もその自宅のお父さんの持分に権利を持って、住宅ローンも法定相続分で負うことになってしまいます。

長女も権利を主張する時には、長男は自宅を得る代償金を長女に払わなくてはなりません。代償金を払えなければ、自宅のお父さんの持分は長男、お母さん、長女の共有という結果になってしまいます。

逆に、長男が住宅ローンは長女も負うのだと言い出したら、長女も自宅に住んでもいなくても銀行に債務を負わなくてはなりません。
これを回避するために、自宅の持分は長男に相続させ、その代わりに長男に住宅ローンという負担を課す、このような遺言が有効なのです。

ただ、遺言があっても長女には遺留分がありますから、それを行使されることは覚悟しておかなければなりません。お父さんは、遺留分に相当する預金等も長男に残しておくと有用です。

2010.09.09|タグ:遺言二世帯住宅

カテゴリー

過去の記事

タグ一覧

「相続させる」遺言お一人様お墓きょうだいただで建物ダイヤモンド・オンラインヘルパーベテラン弁護士メモ不動産不動産不動産不動産の評価不動産鑑定不当利得不当利得不当利得返還請求不当利得返還請求権不法行為による損害賠償請求主張予防事務管理事業利益事業資金二世帯住宅介護費用代償分割代償金代襲相続代襲相続人代襲相続,直系卑属,養子縁組前の子の子仮差押え任意後見契約任意後見契約休廷使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み、使途使い込み、引き出し、不当利得返還請求使い込みの返還使い込み返還訴訟使い込み額使い込み,不当利得返還使い込み,証明使い込み,贈与使い込み、時効使い込み、贈与使った人使用貸借使用貸借、寄与分使途不明金使途不明金供養価額弁償信託契約借名口座借地権借地権借地権借地権借地権、遺贈借家権債券債務債務、相続放棄元本償還金兄弟姉妹免除公平公正証書遺言共有共有分割共有物分割訴訟内縁の妻再転相続出頭分割債権割引債勝敗率占有反論収益分配金取り崩し取引履歴取消受付受益権受諾書面可分債権可分債権可分債権可分債権同居名義否認和解和解和解和解固有必要的共同訴訟土地土地共有地裁多数委任契約定期預金定額貯金定額貯金実家家庭裁判所家裁家裁家裁,遺産分割後の紛争調停寄与分寄与分寄与分寄与分審判少額差し押さえ建物所有建物無償利用弁護士弁護士弁護士報酬引き出し引き出し後妻必要経費感謝成年後見成年後見扶養扶養料投資信託抗弁抗弁抗弁持ち戻し持ち戻し持ち戻し持ち戻し免除持参債務推定相続人の廃除換価分割撤回新建物日経新聞日経新聞普通預金書面最高裁期日期日本人訴訟東京家裁株式株式検認横領欠席残った預金民事訴訟法求償法定単純承認法定果実法定相続分法律上の原因無効熟慮期間父母の一方を同じくする兄弟姉妹特別受益特別受益特別受益特別受益特別受益特別受益特別受益特別受益特別受益、代襲相続特別受益,贈与,扶養,持ち戻し免除の意思表示特別縁故者特別縁故者現物分割生前生前贈与生前贈与生命保険生命保険申告所得税申告期限登記相次ぐ相続相続相続相続相続させる相続させる相続させる遺言相続人相続人の範囲相続債務相続届け相続手続相続放棄相続放棄相続放棄相続放棄相続放棄相続放棄,取消,無効,登記相続税相続税相続税申告期間相続財産相続財産相続財産の範囲相続財産管理人相続財産管理人相続財産管理人相続財産管理人相続財産管理,特別縁故者,財産分与相続開始前の遺産分割協議相続開始前後相続開始前後、預金の引き出し相続開始後相続預金相談着手金確定申告確認の利益立替金立証笑う相続人第一回期日第三者への贈与管轄管轄管轄精算条項経費自筆証書自筆証書遺言自筆証書遺言、検認、筆跡鑑定葬儀費用葬儀費用葬儀費用葬祭業者被相続人裁判裁判官独立親と同居解約訴訟告知訴訟調停証拠証拠証明証明責任証明責任証明責任認否調停調停委員負担付遺贈財産分与貯金費用対効果賃料賃料収入賃料相当額賃料相当額請求資力資力贈与贈与贈与越境返還返還請求返還請求返還請求返還請求返還請求返還請求訴訟通常貯金連帯債務過去の扶養料の求償遠方遺品遺産遺産遺産遺産遺産が分からない遺産使い込み,委任,和解遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割、期限遺産分割、認知、嫡出子、非嫡出子遺産分割、預金、夫婦遺産分割の合意,地裁,家裁遺産分割協議遺産分割協議遺産分割協議、失踪宣告、不在者の財産管理人遺産分割協議、遺産分割調停、預金、代償分割遺産分割協議の期限遺産分割協議書遺産分割協議書遺産分割協議(調停)遺産分割審判遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停、利益相反遺産分割調停,相続放棄,相続分譲渡遺産分割調停,鑑定,不動産の価格,取引価格遺産分割,和解調書遺産分割,調停,不動産鑑定遺産目録遺産確認遺産確認の訴え遺留分遺留分遺留分遺留分減殺遺留分減殺請求遺留分減殺請求遺留分減殺請求遺留分減殺請求の時効遺言遺言遺言遺言遺言遺言遺言遺言遺言、不動産、登記遺言、無効、遺言能力遺言の有無遺言執行者遺言無効遺言無効確認の訴え遺言無効確認の訴え遺言登記遺贈郵便貯金銀行長子承継限定承認電話会議非嫡出子預貯金預貯金,使い込み,抗弁預金預金預金預金預金預金預金預金預金預金預金預金がない預金の使い込み預金債権預金引き出し預金残高,遺産分割調停預金解約頻度頻度

記事検索