遺産相続・遺言書作成など相続に関するコラムは女性弁護士小堀法律事務所へ

Home » 相続コラム » 遺産分割調停

相続コラム

遺産分割調停

相続コラム‘ほっとブレイク’遺産分割調停の時間割

[法定相続]

家庭裁判所は、調停期日を一日3期日に分けて用意しています。

午前は、午前10時から、午後は、各裁判所でまちまちで、午後1時30分からだったり、午後1時20分からであったりします。その後の午後3時とか、午後3時半とかも、予備的にもうけています。

たいていは、午前と午後の早い時間に調停期日が設定されます。

午後3時とかいうのは、成立間近の事案だとか、当事者の仕事の都合で遅い時間でないと入らない時とかに使われます。

だいたい各期日、2時間を予定していますが、例外もあります。特に代理人が就かず、本人調停であるときには、長く取ることもあります。私は最長で、午後1時半から午後7時半まで行ったこともあります。

2014.10.17|タグ:遺産分割調停家庭裁判所期日

PAGE TOP

相続コラム‘ほっとブレイク’ 家裁 に 遺産分割 を申し立てるとき、遠方に住む 相手方の住所地を管轄する裁判所 にしないとならない?!

[法定相続]

確かに、遺産分割調停は、相手方の住所地を管轄する裁判所に起こさないとならず、自分は東京に住んでいるのに、兄が住む北海道に申し立て、遂行するなんてことをしないとなりません。

あまりに遠方で遂行にコストがかかるとして、ためらう人も。

このような場合、東京で遺産分割調停を行う方法もあります。亡くなった父のいた実家が東京にあるとき。

遺産分割審判は、被相続人の最後の住所地を管轄する裁判所に管轄がありますので、東京に起こせます。そして、遺産分割審判を申し立てると、結局は調停に付されることが多く、結局東京で遺産分割調停が出来たりします。

ほかには、家事調停法の改正で、遺産分割調停を電話会議で行うことも出来るので、北海道に申し立てても、一度もそちらに赴くことなく行える場合もあります。

何となく、家裁は「どこでもドア化」してる?!

2014.10.14|タグ:遺産分割審判遺産分割調停管轄電話会議

PAGE TOP

相続コラム‘ほっとブレイク’遺産分割担当部の受付

[法定相続]

東京家裁へ、調停や審判を申し立てるには、1階の総合受付で行いますが、遺産分割調停は、直接担当部の窓口に持って行きます。

家裁は、結構何でもありで、総合受付では受理されないと言うことはないのですが、遺産分割調停の受付は受理するにもお堅いです。

もう既に存在しない遺産しかない、遺産に普通預金しかない、こういうときには受理されません。有り体に、断られてしまいます。

●参照2010/10/15の記事

2014.09.16|タグ:遺産分割調停家裁受付

PAGE TOP

相続コラム‘ほっとブレイク’ 東京家裁 の 調停委員

[法定相続]

遺産分割調停では、家裁に、家事審判官、家事調停員2名で構成する調停委員会が設置され、これが行司役となって、話し合いが行われます。調停委員は民間の人で家裁に嘱託されます。

東京家裁では、調停委員は、男女二名が普通であり、どちらか一方は弁護士であることが多いです。

しかし、法律上は、調停委員は二名以上であればよく、三人と言うこともあります。東京家裁ではあまりありませんが、人材に乏しい地方では、男性のみ、女性のみ、どちらも弁護士でない、と言うこともあります。

東京家裁は層が厚いですね。

2014.09.13|タグ:遺産分割調停調停委員東京家裁

PAGE TOP

使い込み参考事例=Nさんの場合(Nさんが代理人を付けないで 遺産分割調停 を提起した後、 使い込み返還訴訟 を 地裁 に提起し、調停で一体解決を図った事案)

Nさんは三人姉妹。妹が父の死亡前、1500万円を勝手に下ろしていました。不動産もあったので、Nさんは代理人を付けないで、遺産分割調停を提起。その後私に代理人就任を依頼しました。

調停では、妹は返すつもりはないと言ったために、地裁に返還請求訴訟を提起しました。

その後、妹が調停で、不動産の相続はしない、不動産は姉らにもらってもらっていいので、訴えを取り下げてくれと主張しました。

そこで、不動産は姉ら2人で相続し、妹は何ももらわない、姉らは訴えを取り下げるという内容で調停を成立させました。

姉らは相続した不動産を売り、代金を2人で分けました。

厳密に言うと、妹はお金を返さない分得をしましたが(計算上姉らはもう少しもらえたはずでしたが)、早期解決のために、姉らも譲歩し解決を見ました。

2014.08.20|タグ:遺産分割調停使い込み返還請求訴訟

PAGE TOP

使い込み 参考事例=Gさんの場合( 遺産分割調停 で 使い込み を問題にした複雑事案)

Gさんは2人兄弟。弟が家族と同居して父の介護をした。父の遺産は、2200万円の不動産と、500万円の預金、そのほか、弟に300万円の使い込みあり。

そもそも、弟の使い込みも相対的に少額で、引き出し方も数万円ずつ数十回に渡っていたので、地裁で独自に請求していくには不適当でした。

遺産分割調停で問題にし、弟もそれに対して、反論するなどして向き合っていたのですが、如何せん、弟に自宅を取るだけの代償金原資がない事案でした。

総額3000万円の遺産に対し(使い込みも遺産に計上しています。)、流動資産は預金500万円だけ。Gさんがもらう代償金の額が争点になりました。

結局何十回もの期日を経て、弟がしぶしぶ、あと300万円出すと言う案で落ち着きました。

Gさんの粘り勝ちで終わったという印象です。

2014.07.10|タグ:遺産分割調停使い込み代償金

PAGE TOP

父の葬儀に関する費用を立て替えていますが、まず遺産から先にもらえますか。

[法定相続]

葬儀費用を立て替えていた時(この立替金を請求する先が、遺産なのか、相続人なのか、喪主なのかについても争いがあり、判例も定まっていません)、これは、地裁での立替金返還請求訴訟で解決されるべきです。

当事者の合意がなければ、遺産分割調停で話し合われることもなく、合意があっても遺産分割審判では判断されない事項です。

ですので、葬儀費用を一人の相続人が全部出しているからいって、常に遺産から先にもらえるという関係にはありません。

あとあとの紛争にならないように、葬儀費用も、共通の認識のもと、支出しておくのが賢明かもしれませんね。

2014.06.12|タグ:遺産分割調停葬儀費用立替金

PAGE TOP

預金の使い込みがあり返還請求訴訟を提起するとき、遺産分割調停は取り下げられますか。

[法定相続]

ある財産が、遺産であるか否か問題になるときには(たとえば、ある遺産は遺言により遺産の範囲から外れたなど)、遺産確認の訴え(地裁)で先に解決されるべきです。

父の生前、預金の使い込みがあったというのは、父から使い込んだ人への返還請求権を法定相続人が相続して行使するので、遺産分割調停に付随するものの、論理的な前提問題ではありません。

ただ、地裁で、使い込みが父の意思に反したと主張したところ、父の意思に沿った贈与だったと認定されたとき、それは特別受益になり、遺産分割調停に影響します。

そうすると、遺産の使い込みにかかわる返還請求は、遺産分割調停と並行して審理されうるけれども、両者は影響しあう関係であると言えます。

2014.06.11|タグ:遺産分割調停使い込み預金

PAGE TOP

相続コラム?遺産分割調停に相手方が出頭しないとき

[法定相続]

困った事態に、遺産分割調停を申し立てたがいいけど、相手方が来てくれないというときです。

前に「相続コラム?相続人が多数多地方に及んでいるとき」で、家裁調査官が出頭を促してくれるとか、受諾和解の方法があるとか、審判で決まることもあるとか書きましたが、もっとも実際的なのが、家裁の遺産分割調停を取り下げて、地裁で訴訟を強行するという手段です。

もっとも、地裁での裁判に耐えられる法的構成が可能なときだけです。

出頭しない相続人に遺産の使い込みとか使途不明金があるときなどは、不当利得返還請求とか、不法行為に基づく損害賠償請求とかで請求が立てられます。

ほかにも相続人の一人が遺産を占有しているとき、一部遺産分割が行われ、それに従い遺産を占有する者がいるときで一部の遺産分割協議の効力を否定するなど、何とかして、地裁での請求が立つよう考えます。

遺産分割調停

2011.11.18|タグ:遺産分割調停出頭

PAGE TOP

遺産分割調停の「被相続人」

[法定相続]

遺産分割調停申立書には、被相続人を特定して書かないといけません。

父が先に死亡し、後に母が死亡して、たとえば、父の財産であった不動産の分割が済んでいないとき、父の不動産は母1/2、子どもたちが1/2をその数で分けるという形になっています。

それでも、このとき、母の遺産分割をしようとするときには、父の遺産も未分割なので、被相続人には、父、母2名を載せ、2つの遺産分割調停としないといけません。事件番号も別に付きます。

別手続と言っても、期日は同じに定められますから、一緒に話し合われることになります。

遺産分割調停

2011.10.12|タグ:遺産分割調停被相続人

PAGE TOP

相続コラム?遺産目録の記載

[法定相続]

遺産分割調停を起こすとき、申立書に遺産目録を添付します。これには、現に存在する被相続人の遺産を載せるのが正解です。

相続開始後解約されていた預金などがあったときは、厳密に言えば、今はない財産で、これは形を変えて、解約した相続人に対する不当利得や損害賠償の目的になるものなので、遺産目録には載せないのが正解のように見えます。

調停は、話し合いですから、とりあえず、不当利得損害賠償の問題でも、話し合いが可能か打診した方が得策ですから、解約された預金も遺産目録に載せ、備考欄に●年●月●日解約と記載しておけばいいのです。

2011.07.15|タグ:遺産分割調停遺産目録

PAGE TOP

相続ブログ?「遺産分割調停の精算条項」

[法定相続]

遺産分割調停では、最後に精算条項といって、「(この調停により)遺産に関する一切の紛争を解決したものとし、ほかに債権債務のないことを相互に確認する。」という文言をいれます。

一方、調停条項では、最初に「遺産の範囲」を遺産目録を付けて特定し、精算条項では、その遺産に関する一切の紛争を解決したものとしますから、「遺産」でない、一定の相続人の不当利得であるとかその者への損害賠償請求などは、精算されないことになります。

ただ、実際の紛争では、精算条項をいれたとき、一切合切の紛争が解決されたものと主張する相手方がいることがあります。

こうなると、精算条項の実質的意味を認定しなければならず、やはり同じ当事者間で紛争の蒸し返しといった側面も出てきます。

調停実務では、ある相続人が別途ほかの相続人に不当利得や損害賠償請求をしていきたいと明言しても、裁判官は上記の文言を入れるのみなので、紛争が先送りになることが実際のようです。

2011.06.17|タグ:遺産分割調停精算条項

PAGE TOP

遺産分割調停の心得

[法定相続]

遺産分割調停はあくまで話し合いであり、勝った負けたの世界ではないことは先日お話ししたとおりです。

そうすると、譲歩だけをする手続なのでしょうか。

まずは、腹にたまった主張は全開にしていいと思います。主張は言うだけ言って、そのあと、相手との主張の違いを確認し、どこで譲歩できるか探ればいいのです。

ですから、我慢だけを強いる手続ではないということを理解してください。あなたの主張は、ちゃんと聞いてもらえる時間を十分に持ちますから、その点は安心していいと思います。

2010.12.01|タグ:遺産分割調停

PAGE TOP

遺産分割調停の行方

[法定相続][遺言相続]

遺産分割調停では、最初に遺言の有無を確認します。遺言があれば、遺産分割調停は必要なく、遺言に従って執行をするだけになるからです。

遺言があっても、遺言で遺産の一部の処分しか書かれていないために、残りの遺産の分け方を遺産分割調停で話し合うことがあります。

このとき、遺言の無効を主張したい相続人がいるときには、最初に遺言の効力を争わなくてはなりません。

普通は、こうしたとき、調停の取り下げを求められます。まず、地裁で、遺言無効確認の訴えの審理を行ってから、それが解決した段階で、また遺産分割調停を起こせばよいのです。

調停は、分け方が決まるまで、何度でも行えますので、上記のような取扱いがなされています。

2010.11.22|タグ:遺言無効確認の訴え遺産分割調停

PAGE TOP

遺産分割調停

[法定相続]

遺産分割調停の代理人をしていると、「絶対に負けたくありません。」などとおっしゃる方がいらっしゃいます。裁判所で行う手続きですので、勝ち負けにこだわるようです。

遺産分割調停は、2人の民間の調停委員と家事審判官が調停委員会を構成し、いわば調停委員会が行司役となって、当事者間の話し合いを促すものです。話し合いがまとまらなければ、当然に審判に移行しますが、調停はあくまで話し合いです。
相続人の確定、相続財産の確定、特別受益や寄与分の主張等総合的に話し合い、解決するものですので、勝ち負けの世界ではありません。

もともと親族間の争いですので、地裁での訴訟事件でなく、家裁での審判事件であると民法は定めています。

ですから、調停は基本的に譲歩です。お互い譲れるところは譲らなくては、まとまらない手続きですので、大人の対応が求められます。

2010.11.16|タグ:遺産分割調停

PAGE TOP

ちょっとブレイク?遺産分割調停の実際

[法定相続]

遺産分割調停は、言うまでもなく家庭裁判所で行います。遺産に関わる紛争は様々ですが、遺産を巡る紛争全般を遺産分割調停で行えるかというとそうではなく、いろいろなルールがあります。

この点を、ちょっと解説。

まず、遺産に預貯金しかないときには、家裁は、遺産分割調停によることはないとしています。分割債権は、相続と同時に法定相続人に法定相続分で分割承継されるので、話し合いは不要なのです。そこで、遺産に預金しかないときには、家裁は、調停で決することではないというスタンスです。

また、遺産に不動産があって、賃料が生じたとき、相続開始後の賃料は、法定相続人が法定相続分に応じて請求できるので、調停で決まることでなく、いわばオプションとして協議させてあげましょうというスタンスです。

また、遺産争いの実像が、遺産の取り崩しに対する責任追及であったり、一人の法定相続人のほかの法定相続人への立替払いの精算であったりすると、遺産分割調停は今ある遺産を分ける手続きなので、別の方法で争ってくださいと言われます。

このように、実は遺産分割調停で決めることができるのは今ある遺産の配分なので、家裁に、別に協議してくださいと言われ、寂しい思いをして去るなんてこともあるのです。

2010.10.15|タグ:遺産分割調停賃料預貯金

PAGE TOP

遺産分割調停の管轄

[法定相続]

ほかの相続人が遠方の時など、どこの裁判所に申立てるか。
管轄は、相手方の住所地にあります。ですから、東京の相続人が大分に住む相続人を相手とするときには、大分家裁に申立てなければなりません。

ただ、相手方が数人ある時には、相手方の一人の住所地を管轄する裁判所に申立てれば足ります。たとえば、相続人が10人で、申立人は東京に、相手方の8人が大分に、相手方の一人が東京に住んでいたなどというときには、東京家裁にも管轄があるので、そこに申立てれば足ります。

ベテランの先生の中には、審判の場合は、被相続人の住所地あるいは、相続開始地に管轄があるので、そこにわざわざ審判を申立て、調停に付してもらって、管轄を得る人もいます。私はやったことがありませんが・・・

遠隔地などで出頭が困難な人がいたら、どうするか。裁判所が、あらかじめ調停条項案を提示し、それに受諾する意思を表明していたら、ほかの当事者の出頭により、それで調停の成立を可能にすることができます。

遺産分割調停

2010.05.28|タグ:遺産分割調停管轄

カテゴリー

過去の記事

タグ一覧

「相続させる」遺言お一人様お墓きょうだいただで建物ダイヤモンド・オンラインヘルパーベテラン弁護士メモ不動産不動産不動産不動産の評価不動産鑑定不当利得不当利得不当利得返還請求不当利得返還請求権不法行為による損害賠償請求主張予防事務管理事業利益事業資金二世帯住宅介護費用代償分割代償金代襲相続代襲相続人代襲相続,直系卑属,養子縁組前の子の子仮差押え任意後見契約任意後見契約休廷使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み使い込み、使途使い込み、引き出し、不当利得返還請求使い込みの返還使い込み返還訴訟使い込み額使い込み,不当利得返還使い込み,証明使い込み,贈与使い込み、時効使い込み、贈与使った人使用貸借使用貸借、寄与分使途不明金使途不明金供養価額弁償信託契約借名口座借地権借地権借地権借地権借地権、遺贈借家権債券債務債務、相続放棄元本償還金兄弟姉妹免除公平公正証書遺言共有共有分割共有物分割訴訟内縁の妻再転相続出頭分割債権割引債勝敗率占有反論収益分配金取り崩し取引履歴取消受付受益権受諾書面可分債権可分債権可分債権可分債権同居名義否認和解和解和解和解固有必要的共同訴訟土地土地共有地裁多数委任契約定期預金定額貯金定額貯金実家家庭裁判所家裁家裁家裁,遺産分割後の紛争調停寄与分寄与分寄与分寄与分審判少額差し押さえ建物所有建物無償利用弁護士弁護士弁護士報酬引き出し引き出し後妻必要経費感謝成年後見成年後見扶養扶養料投資信託抗弁抗弁抗弁持ち戻し持ち戻し持ち戻し持ち戻し免除持参債務推定相続人の廃除換価分割撤回新建物日経新聞日経新聞普通預金書面最高裁期日期日本人訴訟東京家裁株式株式検認横領欠席残った預金民事訴訟法求償法定単純承認法定果実法定相続分法律上の原因無効熟慮期間父母の一方を同じくする兄弟姉妹特別受益特別受益特別受益特別受益特別受益特別受益特別受益特別受益特別受益、代襲相続特別受益,贈与,扶養,持ち戻し免除の意思表示特別縁故者特別縁故者現物分割生前生前贈与生前贈与生命保険生命保険申告所得税申告期限登記相次ぐ相続相続相続相続相続させる相続させる相続させる遺言相続人相続人の範囲相続債務相続届け相続手続相続放棄相続放棄相続放棄相続放棄相続放棄相続放棄,取消,無効,登記相続税相続税相続税申告期間相続財産相続財産相続財産の範囲相続財産管理人相続財産管理人相続財産管理人相続財産管理人相続財産管理,特別縁故者,財産分与相続開始前の遺産分割協議相続開始前後相続開始前後、預金の引き出し相続開始後相続預金相談着手金確定申告確認の利益立替金立証笑う相続人第一回期日第三者への贈与管轄管轄管轄精算条項経費自筆証書自筆証書遺言自筆証書遺言、検認、筆跡鑑定葬儀費用葬儀費用葬儀費用葬祭業者被相続人裁判裁判官独立親と同居解約訴訟告知訴訟調停証拠証拠証明証明責任証明責任証明責任認否調停調停委員負担付遺贈財産分与貯金費用対効果賃料賃料収入賃料相当額賃料相当額請求資力資力贈与贈与贈与越境返還返還請求返還請求返還請求返還請求返還請求返還請求訴訟通常貯金連帯債務過去の扶養料の求償遠方遺品遺産遺産遺産遺産遺産が分からない遺産使い込み,委任,和解遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割遺産分割、期限遺産分割、認知、嫡出子、非嫡出子遺産分割、預金、夫婦遺産分割の合意,地裁,家裁遺産分割協議遺産分割協議遺産分割協議、失踪宣告、不在者の財産管理人遺産分割協議、遺産分割調停、預金、代償分割遺産分割協議の期限遺産分割協議書遺産分割協議書遺産分割協議(調停)遺産分割審判遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停遺産分割調停、利益相反遺産分割調停,相続放棄,相続分譲渡遺産分割調停,鑑定,不動産の価格,取引価格遺産分割,和解調書遺産分割,調停,不動産鑑定遺産目録遺産確認遺産確認の訴え遺留分遺留分遺留分遺留分減殺遺留分減殺請求遺留分減殺請求遺留分減殺請求遺留分減殺請求の時効遺言遺言遺言遺言遺言遺言遺言遺言遺言、不動産、登記遺言、無効、遺言能力遺言の有無遺言執行者遺言無効遺言無効確認の訴え遺言無効確認の訴え遺言登記遺贈郵便貯金銀行長子承継限定承認電話会議非嫡出子預貯金預貯金,使い込み,抗弁預金預金預金預金預金預金預金預金預金預金預金預金がない預金の使い込み預金債権預金引き出し預金残高,遺産分割調停預金解約頻度頻度

記事検索