遺産相続・遺言書作成など相続に関する話題は女性弁護士小堀法律事務所へ

Home » 小堀球美子のひとりごと » 大河

小堀球美子のひとりごと

大河

メモリアルイヤーについて

[日常の出来事]

もうすぐ、新元号が発表されるとあって、多少そわそわしています。

今年は、改元のメモリアルイヤーで、東京オリンピックの前年、その年に放映される大河ドラマも特別なものであるはずです。

しかしだ。いだてん、とても違和感。

まず、物語に志んしょうは要らない。

主役が地味である。

脇がうるさい。

なんだか、見ている途中で見るに堪えなくなって、ぽつんと一軒家にチャンネルを変えてしまいました。

2019.04.01|タグ:大河

PAGE TOP

「いだてん」について

[日常の出来事]

よっこらしょっと。

大河について発信します。

子どもの頃に、「いのち」とか「山河燃ゆ」とか見ていて、近代を描いた大河も、それほど奇異ではありません。「いのち」では、女性医師としてがんばればいいのに、結婚もして家庭も両立したいという主人公に、子どもながらに二兎を追うと思ったものです。「山河燃ゆ」では、日系人が収容所で見た夕日を美しいと感じました。

ところで、いだてん。

問題点は、語りと、時代が行き来するところに、見やすさがないかなと。

それでも、脚本はすばらしく、画面に引き込まれます。主人公があまり知られていない点も、「花燃ゆ」と違って、時代に功績を残した人物である点で大丈夫だと思いました。(杉文って何かした?)

まだまだ始まったばかりですから、初回視聴率が一番高いというジンクスに打ち勝って、がんばってほしいと感じました。

今年も私の生活にアクセントとなる大河です。

2019.01.21|タグ:いだてん大河

PAGE TOP

年末について

[日常の出来事]

年末だからということではありませんが、忙しくしており、例年の「大河」終了を持って一区切り、という状況にありません。

今年の「せごどん」は何度か書きましたが、せごどんの理念が「民のための政治」という抽象的な事柄を支柱にしたため、随所でぶれが見られました。民草のために、なぜ、徳川を攻撃し、戊辰戦争で、諸藩を賊軍とまでしたのか、その必然性について説明が足りていないのです。

それでも、主演の鈴木さんのまじめな取り組みと、いつもながら、美術のすばらしさ、今回は奄美のロケも敢行した点などは、とても丁寧だったと思います。

来年は、東京オリンピックを題材にしたドラマになるそうですが、一年間、ちょんまげを見ないで、年を越せるかなあと、今から心配になります。

大河を見て、いつも思うのは、人の人生のはかなさです。

どんな人の人生も歴史の一過となってしまいます。

それでも懸命に生きることのすばらしさを、大河ドラマは教えてくれるのだと思います。

2018.12.19|タグ:せごどん大河

PAGE TOP

せごどんについて

[日常の出来事]

今夜も21時45分、事務所にて。仕事が一段落したので、オンデマンドで「せごどん」を観ます。

歴史をよく知らない、という人は、大河ドラマを観ていればちゃんと分かります。

大河ドラマさえ観ていれば、共通一次くらい直ぐに通ります。あっ、共通一次って今ないんですね。センター試験?

どうでもいいですが、皆で大河を見しましょう??

20180611_214415.jpg

躍動する『せごどん』

2018.06.11|タグ:せごどん大河

PAGE TOP

責任について

[日常の出来事]

大河ドラマを見ていると、ほんの少し前、本当に何十年か前まで、日本人は責任に生きていた様に思います。

武士として、国に対する責任、義に対する責任。夫としての責任、子としての責任、親としての責任。

現代は、考え方が多様化して、個が尊重されますが、自分が一番大事で、何かに対する責任が薄れているように思います。

どちらの生き方がいいかなど、それこそ、考えは多様で、現代では正解がないのだと思います。

責任の帰趨を考えてみるとき、少し、現代でも自分を犠牲にしてもいいようにも思うのです。

せごどん、を見て、最近思うのです。

2018.06.04|タグ:責任大河

PAGE TOP

大河について

[プライベート]

大河ドラマファンの私は、毎年、正月はじめの日曜日を楽しみにしています。

近年、大河離れが言われており、視聴率も良くないようです。

たとえば、平清盛も八重の桜も、良くできたと言われた軍師勘兵衛も、一部で悪評高い(私のはまった)新撰組!より、視聴率は悪かったようです。

それでも、私は毎週日曜日を楽しみにしてきて、どの作品もそれなりに印象に残っています。

ですが、今年の大河はどうかな?。少なくとも「幕末男子の育て方」という副題はあまりに視聴者を小馬鹿にしていないか?女子が歴史上の人物を結びつけているという構図も、なんだかSFを見ているみたいです。

大衆に迎合することのなかった大河が、変な方向に行っている気がするのです。

2015.01.12|タグ:大河

PAGE TOP

大河11年について

[日常の出来事]

大河ドラマファンを自認している私ですが、今年は私的には大河11年です。

平成16年の大河が「新撰組!」でしたが、あれにはまりました。

客観的に見ると駄作ですが、隊士の息づかいが聞こえてくる青春群像劇としては秀逸でした。

それ以来、歴史に対する私の姿勢が変わって、そこに生きた人々の生活を知りたくなりました。

視聴率は悪かったようですが、一昨年の清盛も、昨年の八重も、私的には良かったです。

何百年も前に生きた人々の人生を知ることは、自分の現在値を知る道標になります。

何度駄作と酷評されても、ここに一ファンがいるということで、大河の価値はまた違って来るのではないでしょうか。

近藤勇の愚直さや、清盛の空回りや、八重のひたむきは、ちゃんと伝わっています。

大河よ、大衆に迎合するなかれ!

2014.01.03|タグ:大河

PAGE TOP

大河11年について

[日常の出来事]

大河ドラマファンを自認している私ですが、今年は私的には大河11年です。

平成16年の大河が「新撰組!」でしたが、あれにはまりました。

客観的に見ると駄作ですが、隊士の息づかいが聞こえてくる青春群像劇としては秀逸でした。

それ以来、歴史に対する私の姿勢が変わって、そこに生きた人々の生活を知りたくなりました。

視聴率は悪かったようですが、一昨年の清盛も、昨年の八重も、私的には良かったです。

何百年も前に生きた人々の人生を知ることは、自分の現在値を知る道標になります。

何度駄作と酷評されても、ここに一ファンがいるということで、大河の価値はまた違って来るのではないでしょうか。

近藤勇の愚直さや、清盛の空回りや、八重のひたむきは、ちゃんと伝わっています。

大河よ、大衆に迎合するなかれ!

2014.01.03|タグ:大河

PAGE TOP

大河について

[日常の出来事]

大河ドラマを見ながら、ビーズを製作しました。

先日、ある相続の相談で、文久産まれの人の戸籍謄本を見ました。現代で遡れる最古の戸籍と思われます。

幕末、新撰組が京に上がったのが、文久年間、かろうじて現代に繋がっている時代を垣間見ました。

このビーズの作業は、何の意味を持つのだろうと、悠久の歴史に思いを馳せました。


2013-05-05 20.39.46.jpg

2013.05.05|タグ:ビーズ大河

PAGE TOP

大河について

[日常の出来事]

今年の大河ドラマも終わりました。

江は浅井三姉妹の末っ子を主人公に、波瀾万丈の人生をしなやかに生きる女性の生き様を描きました。

私はいつも楽しみにしていました。

端から見ると、敵になったり味方になったり、権力闘争の道具にさえ使われた女性の人生は哀れともいえます。

それを上野樹里ちゃんが水のようにしなやかに演じました。

運命を受け入れて精一杯生きた様がとても共感できました。

思うに、大河ドラマは、いつもこの年末に主人公の人生のクライマックスが見られて、高揚感の中にまた来年もがんばろうと思えるドラマです。

蛇足ですが、私がよかったと思った「新撰組!」も「江」も視聴率はいまいちだったようです。小堀基準でしょうかねえ。

2011.11.28|タグ:新撰組大河

PAGE TOP

江(ごう)について

[日常の出来事]

今年の大河もおもしろいです。浅井三姉妹に視点を当て、戦国時代の終わり、江戸時代の幕開けを描いています。

先日は、本能寺の変でした。明智光秀が「敵は本能寺にあり!」と行き先を本能寺に変え馬を走らせる様は、何度も歴史小説でも展開されてきた「使い慣れた」場面であるにかかわらず、気分を高揚させます。

江の人生とは、男性である為政者に嫁ぎ先を決められ、また勝手に離縁させられたり、自分の思いのままを生きることができない時代にありました。それは不自由だったと思います。

自分の近辺を振り返ってみると、現代でも女性が社会で生きていくのに生きにくい側面があります。私の修習生の頃にも、男性修習生に「女性は就職が大変」などと指摘されていたくらいです(そういって、溜飲を下げていただけとは思いますが)。実際も女性は採用しないという法律事務所も未だにあるようです。

でも、江の時代とは大違い。少なくとも進学や職業選択、結婚は自由なのですから。

何年もかけて、女性が獲得してきた生き方を、無駄にしたくないし、まだその過渡期にあることを心に抱いて、私も私の人生を生きていきたいと思います。

2011.02.08|タグ:大河

カテゴリー

過去の記事

タグ一覧

144回忌15周年15周年50歳50歳Bijou de perle KUMIKOBijou De Perle KUMIKOBijou De Perle,新作CMNHK、戦争NHK,あさイチあさイチいだてんお弁当お弁当お弁当お得お正月お雑煮けがの功名すしざんまいせごどんせごどんせごどんせごどんせごどんせごどんせごどんせごどんせごどんせごどんせごどんせごどん、苦難せごどん,勝安房せごどん,大河ドラマつけ麺としまものづくりメッセにんじんはなむこひな祭りめがねゆで太郎アップルパイアルバイトイクラ丼イルミネーションイワギキョウインターネットインターネットエゾアジサイオキノ耳オリンピックオリンピックカボチャカモメカレー蕎麦カレー蕎麦キンドルクガイソウクライマーズハイコスモスコットンパールコットンパールコットンパールコットンパールゴルフゴルフゴルフゴルフ,神川町ゴルフ,高麗中学校ゴールデンウィークサラリーマンサービス業ショウジョウバカマシンプルビーズジンクススカイツリースケジュールスニーカースパゲティースポーツスポーツ選手スマホスワロフスキーエレメントセミナーセールスタマガワホトトギスダイエットダイヤモンド・オンラインテレビ、取材トニオクレーゲルトマノ耳トムヤムクントリアシショウマトーマスマントーマスマンドリンクバーニッコウキスゲニホンカモシカニホンザルバッヂバーバーボンビジュー,コットンパールビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズビーズサロンビーズ,お得ビーズ,クラスプビーズ,サロンビーズ,ドイツ製留め金ビーズ,マンテルビーズ,失敗ビーズ,老眼ビーズ,革紐ビールフェイスブックフェニックス,マイフェニックスフェリーブログブログブログマグネットマディソン郡の橋マニュアルマレーネディートリッヒマンテルメモリーノートヨツバヒヨドリライラックラーメン横丁ロックガーデンワールドカップワールドカップ一の倉沢一期一会万座不動産中小企業家同友会豊島支部中年事務所二兎を追う者一兎を得ず二回試験交渉人権委員人生介護仕事仕事仕事仕事仕事仕事仕事、相手仕事人間仕事,サービス仙台伊勢詣で伊豆長岡休日休日出勤休暇,連休,ポテトサラダ会津会津会津祭り使い込み使い込み返還請求訴訟保温弁当箱修羅の道修習生修習生、インターネット偽装優しさ八幡平内宮写真写真冬季休暇冷凍出張出張出張函館戦争函館港初島初島初島,相続支援隊初島,相続支援隊初詣努力北杜夫北海道北海道北海道旅行北海道,出張医師医者十和田湖卒業アルバム南紀南高梅友達,女子,プレゼント双璧取材口内炎古都司法司法研修所司法試験同期会同窓会和歌山和解唱歌啄木四季国破れて山河あり土方歳三地図アプリ地方埼玉弁護士会,新米弁護士壬生義士伝夏休み夏休み夏休み,華厳の滝夏目漱石外宮夜景大森浜大河大河大河大河大河大河大河大河大河大河大河、いだてん大河、せごどん大河、顧客、ファン大河ドラマ大河,幕末,佐幕大相撲大相撲,琴欧洲大相撲,秋場所大阪太宰治夫婦岩奥入瀬季節季節宇宙戦艦ヤマト定期検診実存主義寄与分富士山富士山富士山富士山富士山富士山富山県寺田屋騒動寿司山形家裁鶴岡支部川越支部工程平泉年末のごあいさつ年末のご挨拶年末のご挨拶年頭年齢幸福の黄色いハンカチ庭園弁当弁当弁当弁当弁護士弁護士、事務員弘文亭弘道館御岳山御嶽山徳富蘇峰徳川秀忠怒濤、細波戊辰戦争成人式指輪携帯電話改装整形外科料理料理、映画新人新人弁護士新垣結衣新年新幹線新撰組新撰組新撰組新撰組新撰組新郎方向音痴日大日弁連日曜日日本海日経新聞日経新聞日馬富士早起き旭山動物園明治維新映画昭和時効、控訴時間暑さ朝ドラ朝日新聞朝日新聞札幌札幌札幌札幌地裁室蘭支部杜甫東京東京タワー東京ラブストーリー,スーツ,あすなろ白書東京中小企業家同友会,としまものづくりメッセ東北道松島板橋花火大会板橋花火大会。校歌桃の花桜田門外の変桶狭間の戦い森永ラブ、アイドルタイム横谷峡正念場武士民主主義気合い、慣れ気持ち水戸学水芭蕉江戸江戸時代沙羅双樹法テラス法政大学,遊就館,大相撲泣血氈流氷浅草浜名湖海水浴涼しさ淡路島温暖化湯河原準備書面溜飲を下げる漁村瀬戸内海煙草煩悩熊谷熊谷熊谷熱海,独立簡裁猛暑猛暑日猛暑日現場琴欧洲,断髪式生活習慣病甲府画用紙登山白川郷目打ち相続セミナー相続支援隊相続支援隊,初島相続法改正眠り眼鏡睡眠睡眠祖父神頼み禁煙稀勢の里稀勢の里稀勢の里立山連峰立川第一印象節酒,素面精神力紅白紅葉納豆縞枯山荘缶ビール自信花粉症草津菜の花菩提著書、監修本蓼科薩摩薩長同盟薩長同盟虎徹裁判裁判、尋問裁判官裁判所裁判所裁判所記念訴状話し合い説得講演谷川岳豊島岡女子学園豊明市前後町責任責任責任について赤ちゃん近藤勇近藤勇近藤勇逃避行逃避行通知表連休連休週刊エコノミスト進化論遺産分割調停遺言都会、選択配偶者居住権鉄道銀河鉄道999銀行回り,館林銀行,事務阿波おどり雪祭り,北海道震災靖国神社革紐館林駅弁駒ヶ岳骨折高倉健高山植物高校時代高等裁判所高麗中学校鬼門鳴門の渦潮鶴岡鶴岡鶴岡鶴岡Bijou De Perle KUMIKO

記事検索