遺産相続・遺言書作成など相続に関するご質問は女性弁護士小堀法律事務所へ

Home » 相続Q&A » 遺言相続について

相続Q&A

« 前のページに戻る

遺言相続について

遺言の要件

遺言の有無はどうしたら調べられますか。
公正証書遺言であれば、最寄りの公証役場に問い合わせることで、相続人であればその写しがもらえます。もしない場合には、ないことの証明を公証人が書いてくれます。自筆証書遺言なら、自筆証書遺言は家裁での検認が必要ですから、検認期日の呼び出し状が来ることで知ることができます。万一、検認期日の呼び出しに気づかなかったなどの場合、検認は、相続人の最後の住所地を管轄する裁判所で行われますから、管轄裁判所に検認の有無を照会します。弁護士法23条の2照会という各弁護士が所属会に申立てをし、各弁護士会会長名で公式に問い合わせる方法で、裁判所が検認調書の写しを交付してくれます。

相続に関するお問合せ・ご相談はこちらまで

« 前のページに戻る