遺産相続・遺言書作成など相続に関するご質問は女性弁護士小堀法律事務所へ

Home » 相続Q&A » 法定相続について

相続Q&A

« 前のページに戻る

法定相続について

相続分

相続人が妻Wと子ABのとき、相続財産が1000万円で、Aが400万円の生前贈与を受けていた場合、各人の相続分はどう計算されますか。
相続開始時の財産に生前贈与の価格を加えた1400万円を法定相続分で分けます。Aの相続分は、1400万円×1/2×1 /2=350万円という計算結果になりますが、この計算結果が生前贈与額を超過していたときは、Aは50万円を自身の財産から拠出する必要はありません。 Aに相続により所得する財産はなく、1400万円?400万円=1000万円をWBで分けることになります。

相続に関するお問合せ・ご相談はこちらまで

« 前のページに戻る