遺産相続・遺言書作成など相続に関するご質問は女性弁護士小堀法律事務所へ

Home » 相続Q&A » 遺言相続について

相続Q&A

« 前のページに戻る

遺言相続について

遺留分制度

遺留分の侵害はどう計算すればよいですか。
たとえば、1000万円の財産がある人が、そのうち600万円を愛人に遺贈した場合で、法定相続人として、妻と子2人がいるとき、妻は1000万円×1/2×1/2=250万円の、子は1000万円×1/2×1/2×1/2=125万円のそれぞれ遺留分があります。愛人への遺贈で、実際には、妻は、400万円×1/2=200万円、子は400万円×1/2×1/2=100万円しか受け取れず、妻にとって、50万円の、子にとって 25万円の遺留分侵害があることになります。

相続に関するお問合せ・ご相談はこちらまで

« 前のページに戻る