遺産相続・遺言書作成など相続に関するご質問は女性弁護士小堀法律事務所へ

Home » 相続Q&A » 相続これがわからない!

相続Q&A

« 前のページに戻る

相続これがわからない!

その他相続QA

遺言がありますが、偽造の疑いがあります。どのような手続きでその主張をしていったらよいですか。
遺言が偽造された場合、遺言の実質的要件を欠き、その遺言は無効です。とりあえず、協議・調停で遺言の無効を主張して、合意が得られれば、それで遺言がないものとして遺産分割していきます。協議や調停が不調の時は、地方裁判所に遺言無効確認の訴えを提起し、無効の判決を得て、協議や調停をやりなおせばよいでしょう。

相続に関するお問合せ・ご相談はこちらまで

« 前のページに戻る